ボードゲーム部「マジック・ザ・ギャザリング イニストラードを覆う影」その1

はじめまして。オオカワラと申します。

ランカースでは、ボードゲーム部が存在し、
有志達がこっそりボードゲームをプレイし、「研究」しています。

その中でも長く人気なのが、
「マジック・ザ・ギャザリング」というトレーディングカードゲームです!!
いきなりボードゲームからズレていますね笑(もちろんボードゲームも別でプレイします。)
昼休みや就業時間後に、節度をもって盛り上がっています。

つい先日、「マジック・ザ・ギャザリング」の新しいエキスパンション「イニストラードを覆う影」が発売されました!
時期的なこともあり、ボードゲーム部一発目の記事は「マジック・ザ・ギャザリング」です。
早速弊社のプレインズウォーカー(マジックのプレイヤーの総称)達も、パックを買いに走り、
購入後ワクワクが止まらないので、早速こっそりと週末にドラフト(マジックの遊び方の1つ)で「研究」をば!

bdg_mtg_020421

bdg_mtg_000421

「マジック・ザ・ギャザリング」の特徴として、
新しいエキスパンションが出る度に、システムが入れ替わり戦略性が変わってきます。
今回は「変身」「調査」「マッドネス」「昂揚」「潜伏」のシステムが展開されてます。
詳しくはマジックザギャザリング公式にて!(http://mtg-jp.com/reading/translated/0016590/)

毎度毎度発表があるたびに、どんなことが出来るのかどんな展開を見せてくれるのかワクワクさせてくれます。
何がすごいって、遊び方が一辺倒ではなく、様々な遊び方を踏まえた遊び方の導線が柔軟なところ!
(カードのパックだけでそのまま遊ぶやり方もあったりします)
このゲームデザインの柔軟性とレベルデザインのバランスは特に見習わないとなぁ。
(ちなみに私は、週末のドラフトではボコボコにされて悔しくて心が泣きました。次は絶対勝つ…!)

↓は「マジック・ザ・ギャザリング」のジェイスというキャラクター
かゆいところに手が届くお利口さん。大好き。
bdg_mtg_010421

Tweet about this on TwitterShare on Facebook0Share on Google+0

コメント投稿は締め切りました。