UIデザイナーという仕事!

こんにちは
デザイナーのオオカワラです。最近ではディレクターをさせていただいています。

梅雨が来ましたね!
雨が降ったり振らなかったりとするこの頃ですが、
こないだ家の近くの公園で緑色の鳥が大量に出没しているのを見かけました。
(調べたところ、アオバトという鳥か?)
普段目にするものでもないので、なにか天災でも来るんじゃないかとおもいましたが、
何も起きてないようでなによりです。

さてさて、デザイン業務では、色んな業務に挑戦させてもらえる機会が多いのですが、
UIデザインを担当することが比較的多く、
今回は、ゲーム開発におけるUIデザイナーについて
普段どんなことに考えているのかを知ってもらいたいということで、
紹介したいと思います。

ゲームを遊ぶ上で必要不可欠なものがUI(ユーザーインターフェース)、
これがなくては、いろいろと不便で大変なのです。
・マリオであれば、残機がわからなかったり。
・ロックマンであれば、HPがわからなかったり。
・ドラクエであれば、戦闘コマンドが選べなかったり!

ね?大変ですよね?

そんなUIですが、画面に出て、目に見えて、実際触る(確認する)ものなので、
当然、グラフィカルなデザインが求められます。
今のゲーム環境では、HDだったり解像度が大きくなり、ゲーム機自体のスペックが高くなっているので、
デザインにもハイクオリティなものが求められてきているのですが、
ここでデザインする上で、私個人の意見をまとめてみたいと思います。
———————————————————————
1:ゲーム全体の雰囲気、テーマ性、ノリ
→表現にどのような嗜好性があるべきなのか

2:ゲーム画面上でのUIの主張加減
→ゲーム画面全体を見たうえでの、UIから受けるインパクトはどの程度か

3:ゲームをプレイする上でのテンポ感、また、演出
→ユーザーの触り心地をどのように演出するのか

4:ゲームをプレイする上での操作性、視認性、誘導
→ゲームシステムを伝える上で自然に誘導できる方法はどのようなレイアウトか

5:ゲーム画面のどこでどういう絵を出すのか
→キャラクターの表示一つをとっても、UI上のキャラクターはモデルなのか2Dイラストなのか など

6:ゲーム画面で動いたときの音のイメージ
→動いた際にどんな音が出るのか(イメージが湧いているいないで、クオリティに差がでるかなーと。)
———————————————————————
なんだかまだまだありそうな気がしますが、大体こんな感じの事を考えてます。

書き出してみたら、思ったより考える事が多かったw
表現してまとめ上げるのが大変なわけです…!

UIデザイナーの影響は開発において、企画やプログラマ、サウンドとの連携も必須であり、
実にいろんなところで影響しています。
開発中のチーム全体のモチベーションを高めたり、「ゲームのノリ」の共有に一役買うことも多々あると思います。

「この画面、面白そう」「雰囲気がいい」
「複雑そうにみえるからシンプルな見た目にして」 などなど
いい意味でも悪い意味でも、自分のデザインに反応が返ってきやすいので、頑張り甲斐のある仕事になります。
ゲーム開発チームにおいて、他業種と触れ合う機会が多い仕事でもあるので、「一番チーム開発を感じれる仕事」なのかもしれません!
そんなUIデザインの仕事にもっと多くの方に興味を持ってもらえると嬉しいです。

(もし、UIデザイナー同士で意見交換の場とかあったら誘っていただけましたら喜んで参加させていただきます。)

Tweet about this on TwitterShare on Facebook0Share on Google+0

コメント投稿は締め切りました。