スピードペイントチャレンジ!

こんにちは。デザイナーの大河原です。

・・

・・・

絵、描いてないなぁ~~~~~~~~~・・・。

趣味のやつ。

たまに仕事外でも自由気ままに絵を描きたくなるのです。

・・・きっと、仕事やプライベートやゲームに追われ、
気ままに絵を書くことが少なくなった同業種の方も少なくはないはず。

そこで「スピードペイント」です。
短い時間でサクッと描きたいこと描いて欲求を満たす魅力的な描き方です。
今回は2時間でチャレンジしてみたいと思います。

ランダムでお題を出してくれるとあるサイトから出してもらった、
「褐色のボディペイントしてる民族少女」にいざ挑戦!
(意味不明な難題じゃなくてよかった・・・ホッ)

線でイメージラフを起こします。

上からガシガシ色をおいていきます
色置き終わったら線ラフいらないので消します。

正面からの光で描こうとしてましたが、逆光にしようと方針転換。

途中、お題の「ボディペイント」が抜けてたことに気づきました。危ない。
上からガシガシ塗っていきます。同レイヤーにペイントしてます。
このあたりで約1時間経過しました。

遠目にぼかされたブラシでシルエットだけの背景を別レイヤーに足し、
ベタ塗りしていたレイヤーの上に乗算で影を強くするためのレイヤーつくりました。

色の調整しながら書き進めます。

背景足したのは間違いだったかもしれません。
色が似てしまったたため、メリハリが弱く、あまりカッコよくない!
いっその事、草を抽象的に表現した方がいいと思い、二回目の方向転換。
風を感じれるよう、草をなびかせ、葉っぱ的なものを散らします。

ここで2時間が経過しました。(本当は20分はみ出しました)
結果的にはまとまりが薄いので悔しい思いを抱きましたが、
好きに絵を描いたというところで充足感があります!

描いてみた結果を見ると、自分に何が不足しているのかが絵として形にでてしまうので、
次回はここを克服しようと、次回への意欲が湧いてくるのが「スピードペイント」の素晴らしいところです。
(今回の場合は無駄な手数が多かったのと魅力的な配色への意識が弱かったところが大きいと感じています。)

以上で今回の「スピードペイントチャレンジ」は終了です。
次こそはもっと上手くやってやる!

Tweet about this on TwitterShare on Facebook0Share on Google+0

コメント投稿は締め切りました。