初めてのマーダーミステリーゲーム!(ネタバレなし)

念願のマーダーミステリーゲームをプレイしてきました!
プランナーの植田です!!

このマーダーミステリーゲーム。とても面白い体験でした。
ただ詳しくお話ししたいのは山々なのですが、一つのシナリオは一生に一度しかできないためネタバレ厳禁なのです。

とはいえ、魅力を広めないままではもったいない……!
ということで、内容には触れず「どう面白かったのか」をお伝えします。

※版権元の Rabbithole様にも確認して頂いたので安心してお読み下さい。


1.マーダーミステリーゲームって何?

殺人などの事件が起きたシナリオが用意され、参加者は物語の登場人物となって犯人を探し出す(犯人役の人は逃げ切る)事を目的として会話をしながらゲームを進めます。
それぞれの役柄のバックボーンや事件当日の行動などがシナリオとして用意されており、まさに自分自身が推理小説の世界に入ったような体験ができます。各シナリオは一度体験するとすべての謎が解けてしまうので一生に一度しかプレイできないことも特徴です。

Rabbithole様のサイトより引用

自分がプレイした感想としては、ミステリー小説を下地にして……

  • テーブルトークRPG
  • 汝は人狼なりや?
  • リアル脱出ゲーム

を組み合わせて、ゲームとしてとっつきやすくしたものと感じました。

  • [配役によりバックボーンが明確]なので……
    • テーブルトークRPGよりも[目的が分かりやすい]
  • [シナリオからヒントが浮かび上がる]ので……
    • 人狼よりも[会話をしやすく定石も要らず]
  • [解くべき大きな謎(目的)は一つ]なので……
    • リアル脱出ゲームより[急き立てられる感じが無い]

どのゲームも好きなのですが、知り合いを誘いやすく失敗も少ないと感じたのはマーダーミステリーゲームだと特に感じました。(ゲームマスターのRabbithole様の手腕も大きいと思います)
これは、新しいブームの予感……!

 

2.マーダーミステリーゲームって何をやるの?

私がプレイした「双子島神楽歌(ハルカゲカグラウタ)」は、殺人事件の謎を解く物語でした。
このシナリオでは配役に従って、「メインミッション」「サブミッション」が割り当てられます。

メインミッションは、単純明快「犯人を探す」or「犯人が逃げ切る」です。

時間制限がある中で証拠を集め、何が起こったのかを推理し、犯人は情報を隠したりミスリードをする……。
まさに、火曜サスペンス劇場の世界にいるかのよう!
(犯人役は「金田一少年の事件簿の犯人」気分を味わえます)

サブミッションは、ゲーム内容に大きく関わるので詳しくは言えません。
ただプレイヤーごとに達成するので、利害が一致しないこともあります。
また、サブミッションは、メインミッションを達成しないと点数が貰えないので、自分のサブミッションだけに目を奪われるわけにもいきません。

このため個々人の思惑が錯綜しますが、大きな目的は 「犯人を探す」 点なので、戸惑うことなくゲームに入っていけるのはとても良いですね。
(人狼で何も分からないまま喋れずに吊られたり、リアル脱出ゲームで謎が解けないまま先に進めず右往左往するようなこともあまり無いと思います)

3.マーダーミステリーゲームはどこで遊べるの?

ボードゲームカフェやネットで募集しているゲーム会で遊べるようです。

ただ今回私は、Rabbithole様の出張サービスを利用しました。
ランカース社内の会議室を使ったので、店舗で遊ぶ料金と同じ価格でした。

丁寧に対応していただき、GMの進行もスムーズ。
初めてのマーダーミステリーゲームを堪能できました!

場所の用意ができ、身内でプレイしたいなら選択肢に充分入ると思います。
※都内だと交通費が無料です。


以上、初めてのマーダーミステリーゲームについて、でした。

もし興味を持たれましたら、是非是非体験してみることをおすすめします!
それでは、またボードゲームの話題かインディーゲームの話題でお会いしましょう。

(Visited 37 times, 4 visits today)

コメント投稿は締め切りました。