30年ぶりの復活だそうです

こんにちは。
春の訪れと共に花粉の襲撃に遭い、目や鼻に大打撃を受けているプランナーの小川です。
突然ですが皆さんはアニメが好きでしょうか?
自分はどちらかというと好きな部類に入り、毎クール2~3本程のアニメを観ています。
さてなんでこんな話をしているのかというと、先日ネットでこんな記事が目に留まりました。

「ヴイナス戦記」BD化で蘇る!安彦良和、30年封印した過去と現在の心境明かす…「30年前、僕は敗者でした」

どうやら『機動戦士ガンダム』を手掛けた安彦良和氏が監督を務めた作品で、30年間DVD等で発売されていなかったものがこの度Blu-rayにて発売されることが決定したそうです。
自分はこの「ヴイナス戦記」という作品を全く知らなかったのですが、同時に公開された冒頭10分の動画を観て驚きました。
これに関してはもう実際に観てもらった方が凄さが分かるかと思います。

物凄い描き込みと作画パワー、初見で「スゲェ!」って思いました。
調べてみたらこの作品が公開されたのは1989年、驚いたのと同時に納得もしました。
というのも、1980年代は物凄い作画を誇るメカアクションアニメの映画やOVAが数多く輩出された時期でもあったからです。
その中でも特に80年代後半は、円熟の域に達したと言っても過言ではない時期なのかもしれません。
軽く例を挙げるだけでも

「王立宇宙軍(87年)」
「AKIRA(88年)」
「機動戦士ガンダム 逆襲のシャア(88年)」
「機動警察パトレイバー the Movie(89年)」
等々……

錚々たる作品が並びます。
四半世紀以上経とうとも、未だ色褪せぬ名作の数々。
皆さんも機会があったら是非とも驚くべき作画パワーに触れてみてください。

(Visited 56 times, 1 visits today)

コメント投稿は締め切りました。