《嘘》をつくという事

皆様は《嘘》をついた事はありますか?

私はあります。しかも、人の生死に関わるような嘘を……。

始めまして!
初ブログ担当で緊張しきりなプランナーの新人“惣田”です。

いきなり不穏な書き出しですが、今回は私の好きな『正体隠匿ゲーム』の《嘘》についてなので、ご容赦下さい……!


『正体隠匿ゲーム』とは?

ざっくり言ってしまうと、“参加者個人の勝利条件が非公開” であるゲームです。
※ ゲームとしては「汝は人狼なりや?」(通称:人狼)が有名。

つまり……

  • 誰が味方か分からない
  • 誰が敵かも分からない

まさに夜霧の中で、自分のトーク力を武器に “敵と味方をあぶり出し” て、勝利を掴むのです。
そう、例えばこんな風に……

村人A「お前は、人間だよな?」
村人B「当たり前だ……俺を信用してくれ……」
村人C「待て! 簡単に信用するんじゃない!」
村人B「ふざけるな! お前、人狼だろ!」
村人A「どっちを信用すればいいんだ……」

まさに、暗中模索……!
自分だけ相手の正体がわかるシステムもありますが、それを言っても信じて貰えない事が多々ある……!

あ、ちなみに上の例では “村人A” が人狼です。この後、“村人B”と“村人C” がひとしきり罵りあった後に、二人とも仲良く人狼に食べられたそうです。怖いですね。恐ろしいですね。

さて、そんな『正体隠匿ゲーム』の面白さとは何でしょう?

答えは人によって様々ですが、自分は《嘘》であると思います。

  • 敵を陥れるための《嘘》
  • 自分の身を守るための《嘘》
  • 場を混乱させるための《嘘》
  • 何となく言ってしまった《嘘》

自分がついた《嘘》によって他人をコントロールできた時……
相手の《嘘》を見抜いて味方に信用された時……
どちらも「してやったり感」が、とても気持ちがいいものです。

逆に《嘘》がバレて叩きのめされたり、見抜いた《嘘》を味方に信用されなかったりもするんですけど!
ただそれもまた、面白いものです。

『正体隠匿ゲーム』では《嘘》が許されているので、《嘘》を積極的につけるのが良いですね。
現実で《嘘》をつくと、色々な問題が発生してしまうので……!

現実にはできない事が体験できる」まさにゲームならではの面白さだと思います!

ランカースでも度々、人狼が開催されています。面白いゲームを作れて、面白いゲームも楽しめる……なんていい会社なんだ……!!
これを機に、皆様も『正体隠匿ゲーム』の世界に入って頂けたら幸いです。


はい、というわけで『正体隠匿ゲーム』について語らせていただきました。

ゲームのテクニックとか、突っ込んだ話もしたかったのですが、長くなりすぎてしまうので今回はここまでとさせていただきます。

また、ブログを書く機会があれば、それも書きたいですね。

あと最後に一つ。今回のブログに《嘘》を一つ混ぜておきました。
少量ならば毒でも薬になるように、少量の《嘘》が日常の良い刺激になりますように。

それでは皆様、マンメンミ……!


コメント投稿は締め切りました。