【3月】ボードゲーム部定例会

春が近づいてきた中、いかがお過ごしでしょうか。
冬よりも夏が好き、プランナーの植田です。

ランカースでは、毎月第一日曜日にボードゲーム定例会を開いています。
(先月の記事はこちら
それでは今回も、プレイしたゲームをご紹介していきます。


【スシゴーパーティー!】

 人数:2~8人
時間:20分
年齢:8歳~

先月もプレイしましたが、好評だったので再登場です!
今回は流れる“ネタ”の組み合わせを、選択が悩ましいものにしてみました。

最少数の人はマイナス点の……“手巻き”!
2枚までは高得点、3枚以上取ると0点の……“豆腐”!
3枚取れば高得点、足りないと0点の……“刺身”!

さらにタッパーへ豆腐や刺身を入れるという狂気(笑)
ルールも簡単で絵もカワイイですし、定番ゲームになった感じですね。
(ただ、箱が大きいのが難点)


【The Last Brave】

 人数:3~7人
時間:10分程度
年齢:10歳~

ランダムに配られた“属性”、“武器”、“職業”、“奥の手”のカードを駆使して、生き残りを競うゲームです。
各カードには《攻撃力》や《攻撃回数》、《ダメージ軽減》などの効果があり、それをうまく使うのがポイントですね。

各効果には有利不利があり、配られたカードによる運要素も高いです。
ただ、効果自体には運によるブレはなく、相手の手の内がわかった後は頭脳系特殊能力バトル漫画のような熱い戦いが繰り広げられる!

属性などの組み合わせで背景を考えられるので、
【闇に堕ちた槍使いの戦士】
【水の加護を得た騎士】
などになりきって戦うといいかもしれません(笑)

リプレイ性も高いので、小休止のゲームとしてオススメです!


【こねこばくはつ】

 人数:2~5人
時間:15分程度
年齢:7歳~

カードを使うと特殊な効果がある“ぼうずめくり”です。
山札の先を見たり、手番をスキップしたりしながら、「こねこばくはつ」カードを対戦相手に引かせたら勝ちです。

運要素が高いゲームですが、カード効果で“してやったり感”を味わえるので、理不尽さは抑えられています。
また、ゲームには直接関係ありませんが、同じ効果でも絵や文が違うので、見ていて楽しくなってきます。

人事を尽くした後に、爆発しないように祈りながらカードを引くのもスリルがあって面白いです!


【知ったか映画研究家】

 人数:3~10人
時間:5分程度
年齢:10歳~

ランダムに決まった映画のタイトルから、その映画について話すトークゲームです。

曰く……

《ゴリラ鍋》は、凄腕スナイパー(ゴリラ)が鍋を撃ち抜くために苦悩し、クライマックスに音ゲーの技術を繰り出す映画だったり、
《ステーキ花子》は、金髪碧眼の美女をイケメンが蘇らせるスプラッターホラーな映画だったり、

と、カオスな内容になりがちです。

辻褄を合わせたり、ネタをぶち込んだりと……まさに闇鍋の様相を呈します。
向き不向きがでやすいゲームなので勧めづらいですが、私は好きです(笑)


【みんなでぽんこつペイント】

 人数:3~12人
時間:10分程度
年齢:6歳~

お題を「直線」と「正円」のみで描き、親に当ててもらうゲームです。
画数が少ない人が先に発表するので有利ですが、その分シンプルな絵になるので伝わらない事もあるのが悩ましい所です。

……と、言葉だけでも物足りないので、実際に使った絵を撮っておきました。
皆様は答えがわかるでしょうか?

▼3画:クリックで開く
▼4画:クリックで開く
▼5画(1):クリックで開く
▼5画(2):クリックで開く
▼7画:クリックで開く


以上、5つのボードゲームをプレイしました。
今回はプレイ時間が短いゲームが多かったですね。
たまには60分を超えるものも遊んでみたいのですが、何にしようか迷います。

それでは、みなさまも良いゲームライフを!

p.s. テキサスホールデムも遊んだのですが、タイトにしすぎて見てるだけでした。運が……悪い……!

(Visited 43 times, 1 visits today)

コメント投稿は締め切りました。